New Page
新着情報

近年、地方を中心とした中山間区域ではイノシシシカによる被害が多発しています。農林水産省の調査によると、この2種による年間被害総額を併せると約100億円にも上ると言われています。農作物や森林への被害はどんなに対策を施しても後を絶ちません。しかし、やみくもに狩猟することは生態系を脅かすことにつながるため、個体数を制御することが大切です。増え過ぎた個体数を減らしていくことが重要とされる中、罠の需要は高まっています。そのため、誰でも簡単に組み立てられ設置ができる罠の開発に日々取り組んでおります。